Amazonギフト券現金化のまとめ

この記事は約 5 分で読むことができます。

amazonギフト券で行うクレジットカード現金化

Amazonギフト券はクレジットカードショツピング枠現金化の方法として、多くの業者が利用してるギフト券の1つです。

その理由は、物品の換金よりも利益率が高く、手間もそれほど多くないうえに、秘匿性も高い点にあります。

ブランド品や家電商品は高額な商品をクレジットカードで購入したとしても、販売する際は新品であっても新古品または中古品扱いとなり、商品価値が下がってしまいます。

そのため、高換金率をうたっている業者にとっては、価値の変動しやすいブランド品や家電商品よりも現金と同等の価値のあるギフト券のほうが利益も安定します。

Amazonギフト券を現金化できる買取サイト!お勧めできる買取サイトとは

買取業者はAmazonギフト券の特性を非常によく理解しています

現金化業者がAmazonギフト券を換金対象にするのは、転売価格が安定して利益が出しやすいというだけではありません。

他の理由として電子ギフト券は、クレジットカードの決済が可能とであると言う点も大きな要因の一つとなっています。

Amazonギフト券以外にも、JCBやVISAのギフト券はクレジットカード決済が可能であり、換金業者がよく利用する方法になっています。

しかし、JCBやVISAのギフト券は店頭での利用が基本で、他で換金しようとしても取得時の金額よりも低くなるケースがほとんどです。

さらに転売する時には、転売する人のの身分証明の定時が必要となるため、万が一の際は店頭販売した人間から現金化をしたという事実がが判明することになってしまいます。

そもそも、クレジットカードのショッピング枠を使った換金行為についてはクレジットカード会社の規約に違反した行為であるため、業者にとっては、あまり目立つような行為はしたくないのが本音でその方法と言うのは非常に重要となります。

一般的にクレジットカードショッピング枠の換金業者にとって、実物商品の受け取りをする際、送料負担をしてしまうと当然ですが現金化業者の利益は少なくなってしまいます。

また、高額商品を発送・受取する際は、破損する可能性があるという理由から、住所確認や受取者の確認があります。

また、ギフト券など現金に類似するものをメール便やダイレクトメールで送付指示した場合、郵便局は配達してくれない可能性もあります。

しかし、Amazonギフト券の場合は電子メールや電子媒体、そして指定のアカウントにダイレクトでチャージできるため、無駄な経費を抑えることができるといったメリットがあります。

また、現金化は利用者にとってもインターネットで簡単に購入できるため、面倒な手間が極力省くことができるといったメリットがあります。

Amazonギフト券はなぜ現金化可能なのか?

Amazonギフト券はクレジットカードで購入可能となっている他、実物のギフト券だけでなく、Eメールタイプ、指定のアカウントに直接入金が可能なチャージタイプ、PDFデータを印刷する印刷タイプなどがあります。

実際のところ、Amazonギフト券は金券と同じ扱いであり、高額な商品をギフト券で、しかもAmazonプライム価格で購入することにより、収益を高くすることが出来ます。

Amazonプライム価格で商品が特価販売されていると考えてみてください。安く取得したギフト券を利用すればさらに換金した際に利益が出ます。

また、買取価格の高い業者が見つかりそのような業者に転売することで流通価格と同等の利益を実現することができる可能性もあります。

しかしながら、実際にはAmazonギフト券を安く購入し、インターネット通販で転売する方が薄利多売で安定収益を得ることが可能です。そのため、インターネット上の買取業者にとっては、利益は少ないかもしれませんが非常に安定した買取価格と売買価格を維持できる商品となります。

Amazonギフト券の買取は古物営業法による許可が必要?

ギフト券や金券を売却する際は基本的には古物商の許可を受けた業者へ依頼した方が良いでしょう。

基本的にギフト券や金券も売却する際、『不正取得されたもの』盗品やでないことが条件となっています。

買取や販売を行う側は盗難商品など正に取得されたものが市場流通しないことを防がなければなりません。

そのため、しょかいの取引の際には身分証明証の提出や連絡先などの記載をする必要があります。

Amazonギフト券についてはどうかというと、少し他のギフト券や金券に比べると法整備も曖昧な部分があります。

実際のところ、ギフト券などの現金化についてはクレジットカード現金化業者に依頼しなくてもご自身で行うことも可能です。

クレジットカードでカードタイプのものを購入し、金券ショップやインターネット上のオークションサイトなどを利用して換金することが可能です。

これならば、自分自身で条件の良い買取専門店をを探したりご自身で販売金額を設定できる出来る点や、手数料が発生しないため、換金率が高くなります。

一方、インターネット上で高換金率を謳うクレジットカード現金化業者へ依頼する場合、
カードタイプや電子マネータイプが一般的です。

換金率については、どちらも低くなる可能性が高く、最低値の88~90%になると考えた方がいいです。

買い取る側も安く買取って高く売ることで利益を出します。しかし新品の価格よりも高く設定しても売れるはずはないので定価よりも安く販売しています。

10000円分のAmazonギフト券を8800円で買い取りし、980円で販売すれば1000
円の利益です。

利益としては薄利ですよね。しかし多くの買取・販売を行うことで一定の収益は確保出来ます。
また、金券の場合は現金と同じような価値で流通していることから実物商品とことなり価格が一定といったメリットがあります。

さて、Amazonギフト券は複雑と話しましたが、それは電子マネーの特性があるからです。

Amazonギフト券は贈り物

電子ギフト券は実体のないものであり、現在の古物営業法では扱いが曖昧です。
Amazonギフト券は指定のメールアドレスに送付されるEメールタイプ、指定のアカウントにチャージされるチャージタイプ、PDFデータを印刷する印刷タイプがあり、立て替え購入や贈り物といった幅広い範囲で購入する利用者がいるため、古物営業法が及ばない範囲になってしまいます。これが、Amazonギフト券のお現金化が処分されにくい原因となっているようです。

Amazonギフト券の換金がグレーゾーンだけど…別の法律が適用になる場合も!
Amazonギフト券の換金は、電子媒体を使っているため、古物商の法律の範囲が適用できない範囲になります。

しかし、古物商の営業法はあくまで実際の商品を売買などをする事業、会社に必要な認可を与えるものです。

ほんとのところはいろんな商品を買う事が出来るAmazonギフトカードを使った換金方ですが、実際のところは貸金業法に該当してしまう可能性があり、貸金業法の適用があり得ます。

この場合については、古物営業許可を受けていた会社がクレジットカードショッピング枠の現金化により摘発されるケースがあったそうです。

また、警視庁が発表した見解は、『やっている行為は事実上の貸金業者と同じである』といった見解を発表している他、弁護士の見解の場合でも同様でした。

現在のところはAmazonギフト券はおそらくはグレーゾーンとなっていますが、別の法律が適用されて今後、違法行為として法律ができてしまう、可能性もゼロではありません。

それは、悪質な業者が振込額を減らしり、実際の金額を支払わない場合に適用されるかもしれない、詐欺罪や横領罪です。

要するに、クレカのショッピング枠を使って、Amazonギフト券を買取して転売してお金を搾取するといったこととなります。

また、場合によっては転売をした時に生じる差額で、実質的にはクレジットカード会社へ損害を与えてしまうことになってしまいます。

具体的にお話しすると10,000円分の値段がついているものを9,000円で販売した時点で1,000円の損害ということになります。
このような行為を行なって、資産を不当に販売したとして損害賠償請求をクレジットカード会社から受ける可能性もあります。

さらにご説明をさせていただくと、自分自身の判断で金券ショップやチケットショップに販売した場合はどのようになるでしょうか?先ず当事者本人は詐欺罪や横領罪で検挙されてしまいます、リサイクルショップについては古物営業法違反となってしまい、家宅捜査を受けたり営業停止を受けてしまう、といったこととなります。
これは不正取得品を市場に流通させてしまうといった行為に該当することになり、残念ながら罰則となります。

次にクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者はどうなるかというご説明ですが、現金化業者も同じように窃盗罪や横領罪が適用される可能性があるだけではなく、主犯格として重大な罰則を受けてしまう可能性があります。
例えば、Amazonギフト券を購入して、転売した方、は実行犯という扱いとなり、現金化業者は主犯という扱いになりまます。

最後に

Amazonギフト券などの電子ギフト券を利用したクレジットカードショッピング枠の現金化業者については、非常に注意する必要があります。
昨今では、古物営業法が適用できない範囲で営業活動を行っているものの、実質的には犯罪とよばれてしまう行為をしていると疑われる行為をしていることや自分自身が違反行為を行為を行っているという認識はあったほうがいいでしょう。

Amazonギフト券は非常に便利なアイテムですが…

たくさんのアイテムをネット上で買う事が出来るため、様々なプレゼントやお祝いのアイテムとして使用するのに大変有効です。
このような電子ギフトカードを換金する行為は、多くの使用者に迷惑をかけてしまう可能性だってあります。

このような現金化を検討するという事はもしかしたら、既に債務超過に陥っていいたりします。そのような可能性が高いため、債務整理などを検討する事も一考の余地があるかもしれません。
ですが…自己破産などを考えた場合、免責不可事由に該当するかもしれない行為となるため、出来る事なら手を出さないのが良いかもしれません。

アマゾンギフトカードの換金するときは詐欺まがいの行為に注意

クレジットカードショッピング枠の現金化の会社が、Amazonギフトカードの換金を可能としているのですが、買取業者になりすました悪徳詐欺業者も存在しているようなので、アマゾンギフトカードの換金をする場合は慎重に業者選びを実施する事が重要なポイントとなります。

非常によくある悪徳行為の手口としては、クレジットカードの情報だけを聞き取り取るという行為です。

amazonギフト券の換金の際には、クレジットカードを利用してアマゾンギフトカードを買ってからその後、業者に買い取ってもらうという流れですから、現金化業者がクレジットカードの情報を利用者から聞く必要はありませんので、クレジットカード情報をもし聞かれ流ような事があればなにか悪徳行為をされる可能性があると疑っていいでしょう。

このようなやり方で悪徳行為を行なう業者はとても悪質です。
このような悪質な行為をおこなう買取専門サイトの特徴ですが、HPに所在地の住所や企業の電話番号がのっていない事が多いのでサイトを見る際には十分に注意が必要です。

会社の電話番号が携帯電話の番号の場合は健全な業者ではないと理解して、十分に気をつけましょう。
そして、古物商の登録番号がない業者の場合も詐欺に遭う可能性がありますので気をつけて下さい。ただ、古物商の許可がない=全てが悪徳サイトというわけではありません。

アマゾンギフトカードを換金する業者を探している場合は、現金化業者のホームページをしっかりとくまなく確認し、信頼出来る業者であるか慎重に確認してください。

amazonギフト券の換金について

amazonギフト券を換金する事が可能な会社が増えている傾向にあります。

Amazonギフトカード

金券などのチケット買取業者ではなく、クレジットカードショッピング枠現金化の業者がamazonギフトカードの換金取引をしています。

Amazonギフトカードはプリペイドカードタイプ以外にも、Eメールタイプや印刷タイプ・シートタイプなどといった種類があるので、商品の取引をしなくても、うけとったコード番号を伝えれば換金できるという流れになります。

換金もとても簡単にする事が可能ですし、換金率が高い面で非常に人気がありますが、amazonギフト券の換金には色々な問題がありますので、ちゃんと調査するうえで利用するか否かを決める必要性があります。

Amazonギフトカードを換金するのは違法性がある?

近年では、アマゾンギフトカードを取引して換金するという手法で、お金を調達をする方が年々増加していますが、これは法律違反ではないのか・・という疑問をお持ちのも多いと思います。

なぜなら、クレジットカードのショッピング枠を利用して換金をするという手法だからです。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は法律違反ではありませんが、クレジットカード会社規約に違反するとクレジットカードの使用が停止されてしまうという危険を抱える事になりますから、グレーゾーンとされています。

クレカでアマゾンギフトカードを利用して購入して、そのAmazonギッフトカードを買い取ってくれる業者に申込して現金を振込してもらう

上記の一連の流れが一般的ですが、現金化を目的としたクレジットカードの利用と認識されなければクレジットカード利用停止になる事はないでしょう。
利用規約をしつかりと守ってさえいれば、クレジットカード利用停止になるような措置は回避する事が出来るでしょう。

このアマゾンギフトカードを換金目的で使っているかどうかということをクレジットカード会社は突き止めるすることはできませんので、換金しやすいアイテムとして注目されているのです。

クレジットカードを利用してアマゾンギフトカードを買って、換金をしても法律違法ではありませんが、クレジットカードの利用規約については注意する必要性があるということはしっかりと理解しておく必要があります。

様々な現金化記事を掲載しています

現金化は様々な方法があるので、あなたが今置かれている状況に合わせて方法を選ぶといいでしょう。

当サイトでは、現在下記の現金化についての記事を掲載しています。

現金化情報として参考してもらえれば幸いです。