Amazonギフト券現金化

Amazonギフト券を現金化は法律違反?クレジットカード現金化との関連性も踏まえてご紹介します

Amazonギフト券を現金化は法律違反?クレジットカード現金化との関連性も踏まえてご紹介します

Amazonギフト券を現金化する方法まとめ

Amazonギフト券はクレジットカード現金化の方法のアイテムとして、非常に多くの業者が取り扱っています。

その理由は、ブランド品や家電製品といった現物のある高額商品を購入して転売するという現金化よりも、利益率が高いところにあります。

ブランド品を買い取る際、業者側は検品や鑑定に時間を取られますし、冷蔵庫のような大型家電製品は配送料や運送費といったコストも別途かかります。

ブランド品や大型家電製品の買取率は高額商品だからと言って高いとは限りません。

高額な商品をクレジットカードで購入して現金化するとしても、買取店は販売する際は新品であっても新古品または中古品扱いとするため価格は下がります。

その点、Amazonギフト券は電子ギフト券ですから現物の取引ではありません。

そして電子ギフト券という特性上、お金に換わる価値を持ちますが、電子データ化されたものですから匿名性を持っています。ギフト券は第三者に渡る事を想定された商品ですから、転売をしても個人情報が知られるという事はないのです。

そのため、高換金率を宣伝文句にする業者は、価値の変動しやすい実物商品よりも現金と同等の価値のあるギフト券の方が安定した利益を確保できるため、好んで買取をするわけです。

Amazonギフト券の種類

Amazonギフト券はクレジットカードで購入可能となっている他、カードタイプの現物があるギフト券の他、指定のメールアドレスに送付されるEメールタイプ、指定のアカウントにチャージされるチャージタイプ、PDFデータを印刷する印刷タイプがあります。

最近では詐欺を働く側がコンビニ払いのチャージタイプを前もって注文しておき、被害者がその代金を支払うといった手口、カードタイプのギフト券を購入させてそのコード番号を要求するといったように悪用されることもあります。

事実、Amazonギフト券は金券としてみなされていますから、高額な商品をギフト券およびAmazonプライム価格で購入することにより、転売時の収益を高くすることが出来ます。

例えば、Amazonプライム価格で商品が特価販売されており、安く取得したギフト券を利用すれば2重の利益が出ます。

また、買取価格の高い業者に転売することで流通価格と同等の利益を得ることが出来ます。

しかし、前述の方法よりもAmazonギフト券を安く購入し、インターネット販売で転売する方が薄利多売で安定した収益を得ることが出来ます。

そのため、現金化業者にとっては、利益は少ないものの非常に安定した価格を維持できる商品がAmazonギフト券なのです。

amazonギフト券を現金化するのは違法?

最近は、amazonギフト券を売買して現金化という方法で、資金調達をする方が増えていますが、これは違法ではないのか・・という疑問をお持ちの方がいらっしゃいます。

なぜなら、クレジットカードの現金化と何ら変わりがないからです。

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、カード会社規約に違反するとカードの利用が停止されてしまうというリスクを抱える事になりますから、グレーゾーンとされています。

Amazonギフト券現金化の流れ

  1. クレジットカードでamazonギフト券を購入する
  2. 購入したamazonギフト券を買取業者に売る
  3. 口座に代金が振り込まれる

上記の流れが一般的ですが、換金を目的としたクレジットカードの使用と判断されなければ問題になる事はありません。

利用規約を守ってさえいれば、カード利用停止措置は回避する事が出来ます。

Amazonギフト券が現金化可能な理由とは?

amazonギフト券を実際に使っているかどうかをカード会社は把握することはできませんので、現金化しやすい商品として注目されているのです。

クレジットカードを使用してamazonギフト券を購入し、現金化をしても違法ではありませんが、注意して利用する必要があるということをしっかり頭に入れたうえで利用して下さい。

そうは言ってもグレーゾーンであるのは事実ですから、現金化業者にとっては足取りの付かない方法を取りたいのです。

一般的にクレジットカード現金化業者にとって、実物商品の買取兼再販売は利益が低いですし、ギフト券などの金券類をメール便やダイレクトメールで送付指示した場合、郵便法違反で摘発される危険性があります。

しかし、Amazonギフト券の場合は電子メールや電子媒体、そして指定のアカウントにダイレクトでチャージできるため、無駄な経費を抑えることや利用者からのコンプライアンス違反の指摘回避といったメリットがあります。

また、利用者にとってもインターネットで簡単に購入できるため、煩わしい手間がいらないといったメリットがあります。

Amazonギフト券の買取は古物営業法による許可が必要?

ギフト券や金券を売却する際は、古物営業法により許可を受けた業者へ依頼するのが安心です。

基本的にギフト券や金券も売却する際、『不正取得されたもの』でないもの、すなわち盗品や騙しとった品でないギフト券しか買取は行われません。

これは、不正に取得されたものが市場流通することを防ぐといった役割があります。

そのため、身分証明証の提出や連絡先などの記載をする必要があります。

では、Amazonギフト券についてはどうかというと、他のギフト券や金券とは違う面を持っているので、取扱いが異なります。

その理由はギフト券の種別によります。

Amazonギフト券は電子ギフト券ですから電子マネーでもあります。

電子マネーは、データ化されたものですから実体がありません。

つまり現在の古物営業法が適用されない範囲となります。

Amazonギフト券は指定のメールアドレスに送付されるEメールタイプ、指定のアカウントにチャージされるチャージタイプ、PDFデータを印刷する印刷タイプがありますが、いづれもギフトコードに価値がある、立て替え購入や贈り物用のギフト券になるからです。

そのため、古物営業法が及ばない範囲と言えるのです。

これが、Amazonギフト券の現金化のグレーゾーンと言われる所以です。

Amazonギフト券が現金化可能な理由とは?

現在はAmazonギフト券の現金化はグレーゾーンだけど…別の法律が適用される可能性も!

繰り返しになりますが、Amazonギフト券の現金化は、電子媒体を利用しているため、古物営業法の適用が及ばない範囲になります。

しかし、古物営業法はあくまで実物商品を買取・販売する事業に必要な許可を与えるものです。

実は、様々な商品購入が可能なAmazonギフト券を利用した現金化ですが、実質的には貸金業に該当する可能性が高く、貸金業法の適用の可能性があり得ます。

現に、古物営業許可を受けていた業者がクレジットカードの現金化により摘発されるケースがありました。

警視庁の見解としては、『事実上の貸金業者である』といった見解を示している他、弁護士も同様の見解が出しています。

今のところ、Amazonギフト券は違法ではなくグレーゾーンとなっているものの、別の法律が適用される可能性があります。

詐欺罪や横領罪です。

クレジットカードのショッピング枠を利用して、Amazonギフト券を購入して転売して現金を搾取するといったことは罪になるという訳です。

また、場合によっては、転売時に生じる差額が実質的にはクレジットカード会社へ損害を与えることになるというのです。

例を挙げて説明すると、10,000円分の価値のものを9,000円で販売した時点で1,000円の損害が出るということになります。

このような行為により、損害賠償請求を受ける可能性もあります。

そもそも、自分自身の判断でリサイクルショップに販売した場合どうなるかと言うと、先ず当事者は詐欺罪や横領罪で検挙され、リサイクルショップについては古物営業法違反となり、家宅捜査や営業停止といったことが起こります。

これは不正取得品に対する市場流通を行ったことになり、罰則となります。

次に現金化業者ですが、こちらも同様に窃盗罪や横領罪が適用されるだけでなく、主犯格として扱われる場合があります。

簡単に言うと、Amazonギフト券を購入し転売した側は実行犯となり、現金化業者は主犯となります。

Amazonギフト券の性質を利用したクレジットカード現金化業者については注意が必要ですから、現金化は慎重に行って下さい。

今現在は、古物営業法が及ばない範囲で営業を行っていますが、法が変れば犯罪行為に加担しているとみなされたり、はたまた犯罪行為を行っているのは自分自身だという認識が必要です。

amazonギフト券の現金化はチケット買取業者が行っているのではなく、クレジットカード現金化の業者が行っています。

amazonギフト券はギフトコードに価値がありますから、カードタイプのように商品の受け渡しをしなくても、コードのみでの現金化が可能です。

現金化業者はAmazonギフト券の性質を理解している?

さて、現金化業者がAmazonギフト券を現金化対象にするのは、転売価格が安定しているだけではありません。

基本的にギフト券の購入はクレジットカード決済が可能です。Amazonギフト券のみならずJCBやVISAのギフト券もクレジットカードでの購入が可能です。

つまり、クレジットカード決済が可能なものは現金化業者が取り扱っているものとなります。

ただ、JCBやVISAのギフト券は店頭での利用しか出来ず、転売しようとしても取得時の金額よりも低くなる可能性があります。

さらに転売時には、売却者の身分証明が必要となるため、万が一の際は店頭販売した人間から現金化行為の実体が判明する可能性があります。

ギフト券の現金化については、クレジットカード現金化業者を通さなくても可能です。

簡単な方法はクレジットカードでカードタイプのものを購入し、近くのリサイクルショップに転売することです。

これならば、自分自身で条件の良い買取専門店を選択出来る他、第三者が関わらないことで中間マージンが発生しないため、換金率が高くなります。

一方、インターネット上で高換金率が売り文句のクレジットカード現金化業者へ依頼する場合に最適なのは、カードタイプやEメールタイプになります。

換金率についてはどちらも低くなる可能性が高く、最低値の88~90%になると考えた方がいいです。

古物営業法を取得した買取を行う側は、安く買取って新品の価格よりも低めに販売するのが普通です。

例えば1,000円分のAmazonギフト券を900円で買い取りし、980円で販売すれば80円の利益が出ます。

利益としては少額かもしれませんが、膨大な量の買取・販売を行うことで一定の収益は確保出来ます。

また、金券の場合は現金と同じ価値があるため、現物商品と違って価格に変動がないといったメリットがあります。

利便性が高いAmazonギフト券

数億を超える数の商品をインターネットで購入出来るため、誕生日プレゼントやお祝いの品で利用するのにはぴったりのギフト券です。

ギフト券を転売するという行為、すなわちギフト券を現金化する行為は、多くの利用者に迷惑をかける可能性があります。

現金化を検討する方の多くは既に債務超過に陥っている可能性が高いため、債務整理をすることが先決です。

自己破産などの場合、免責不可事由に該当する行為となるため、現金化には手を出さないのが得策です。

amazonギフト券の現金化をするときは詐欺に注意

クレジットカード現金化の業者が、amazonギフト券を現金化可能としていますが、買取業者になりすました詐欺業者も存在しているので、amazonギフト券の現金化をする場合は慎重に業者選びをする事が重要となります。

よくある詐欺の手口としては、クレジットカードの情報を聞き出すというものになります。

amazonギフト券の現金化は、クレジットカードでamazonギフト券を購入して買い取ってもらうという流れですから、業者がクレジットカードの情報を聞く必要はありませんので、カード情報を聞かれたら詐欺だと疑っていいでしょう。

こういった手口で詐欺を行なう業者はとても悪質です。

悪質業者の特徴として、ホームページに所在地や会社の電話番号が記載されていないことが多いので、そういった業者には注意が必要です。

電話番号が携帯電話の番号の場合はまともな業者ではないと判断し、利用を控えましょう。

そして、古物商の登録番号がない業者の場合もまた、詐欺の可能性がありますので気をつけて下さい。

amazonギフト券を現金化する業者をお探しの場合は、業者のホームページをしっかりとチェックし、信頼できる業者であるか慎重判断して下さい。

今日ではamazonギフト券を現金化する業者が増加傾向にあります。

買取もスムーズに行えますし、換金率がいいという点でも人気があるのですが、amazonギフト券の現金化は正しき換金方法と言い切れませんので、きちんと調べたうえで利用するか否かを判断する必要があります。

  • この記事を書いた人
アバター

山本かおる

1987年東京生まれ。大学卒業後、金融畑に入るも業種の堅苦しさに慣れず3年間務めた後退社。その後サラ金や現金化業者など金融機関より少しラフな職場を選び5年ほど勤務。その経験を活かし世の中に業界の情報を周知したいと思い一念発起ライターに転身。 職業上知り得た内部情報や実務経験を基にリアルな記事を執筆している。

-Amazonギフト券現金化

Copyright© エンキャッシュ , 2020 All Rights Reserved.