Amazonギフト券現金化

電子ギフト券の換金はカードタイプではなくメールタイプが良いワケ

電子ギフト券の換金はカードタイプではなくメールタイプが良いワケ

メールタイプのギフトコード

ギフト券の場合、現物として販売されているカードタイプとメールなどでコードだけ送信してもらう方法があります。カードタイプは店頭で多く見かけるので、コンビニやスーパーでもレジ横に並んでいるのをみたことがあるのではないでしょうか。
現金化を考えると、ギフト券はコードタイプが望ましいのです。現金化しやすい点に加えて、メールによってコードだけを送信する形式のほうが、換金率が高い傾向にあります。

換金率が高いのは販売方法が関係している?!

ギフト券でも、現物で販売されている商品を換金する場合には、利用していない証拠が必要になります。iTunesカードを換金する場合には、コードを隠している銀紙が剥がれているだけで、買取不可能というケースも多々あります。そのため銀紙などを剥がされていないことを確認するため、業者の中には指定された住所地に送ってほしいと言う人もいます。
住所地に送るための配送料は、大半のケースで現金化を希望している人が行います。会社側が負担をしないので、一見すると換金率に影響が出ないように思われますが、現物は持っていても販売しづらい問題があるので、買取業者としても優遇していません。

メールタイプなら即換金可!

現金化でメールタイプが採用される背景には、現金に換えやすいこと、そして業者が購入を希望している方に即座に送信できる点です。
メールタイプを現金化によって買取したいなら、まずは業者の方に買取希望の連絡をします。次に買取の希望を受け入れてくれたら、メールでコードを送信します。業者は利用されていないコードであることを確認したうえで、換金率に沿ってすぐにお金を振り込みます。最短で即日での振り込みが期待できます。
買取をしたメールタイプのコードは、そのまま販売に回せます。希望している人に譲ってしまえば、買取業者も利益を得られるので、ある程度高い換金率を付けても問題は起こらないのです。

メールタイプで高い買取価格を狙おう

現金化でギフト券を買取してもらいたいなら、メールタイプを選んでください。Amazonギフト券のように、カードタイプで販売されているギフト券もありますが、メールでコードを送信してもらったほうが、短時間で現金が手に入ります。
少しでも多くのお金を得るためには、ギフト券のタイプにこだわることが大事です。ギフト券のタイプの違いによって、買取代金に違いがあることを知っておきましょう。特にAmazonギフト券の場合は、メールタイプとカードでは5%以上の違い出す換金業者もいますので、「メールタイプが得をする」と覚えておきましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

山本かおる

1987年東京生まれ。大学卒業後、金融畑に入るも業種の堅苦しさに慣れず3年間務めた後退社。その後サラ金や現金化業者など金融機関より少しラフな職場を選び5年ほど勤務。その経験を活かし世の中に業界の情報を周知したいと思い一念発起ライターに転身。 職業上知り得た内部情報や実務経験を基にリアルな記事を執筆している。

-Amazonギフト券現金化

Copyright© エンキャッシュ , 2021 All Rights Reserved.