クレジットカード現金化

クレジットカード現金化は、高い換金率が記載されていても実際受け取れるお金は少ないと言う事実を知っておきましょう

読まなきゃ損!クレジットカード現金化は最大還元率より平均的換金率が大事な理由

クレジットカードの現金化は換金率が重要

クレジットカード現金化をする場合、重要なポイントが「換金率」「振込み速度」でしょう。

人により重要の優先度は異なりますが「換金率が高い」ことはこの行為の最重要ポイントとも言えましょう。

そのため、クレジットカード現金化をやってみようと思っている方は、まず「換金率の高さ」に拘ることをオススメします。

最大換金率98%

クレジットカード現金化業者のウェブサイトを見ると、ほとんどのサイトで最大換金率98%など高い数値が並んでいます。

換金率は98%など高換金率が書かれていると、そのままのお金が受け取れると思ってしまいますよね。

換金率98%は非現実的

クレジットカード現金化は、実際利用すると受け取れるお金の割合は68%~78%になるのが実情です。

業者側の言い分としては、換金率は98%だけど「その他手数料が必要」です。

手数料は20%~30%なので、実際受け取れるお金は68%~78%になります。

こう聞くと、なんだよ詐欺じゃないか!と思ってしまうかもしれませんが、この業界ではあるあるなことなので予め知っておくといいでしょう。

クレジットカードの現金化にはちょっとした問題も

クレジットカード現金化を行う際は、手数料がかかります。

手数料を差し引いた金額で現金化された代金を受け取るため、提示された換金率で計算した額面を丸ごと受け取れるわけではありません。現金化業者は換金の利益分を取らないと商売にならないのも事実です。

ショッピング枠がかなり大きいと思っても、換金率をチェックしてからクレジットカードの現金化を行わないと、失敗する恐れがあります。

業者としても、大きな金額を得られるように換金率を調整しています。

最悪のケースでは、大きな金額を取られてしまい、10万円近くも減額されて支給される場合もあります。

このような被害を被らないためには、最大換金率よりも平均的に換金率の高い状態を作ってくれる業者を選ぶ事が大事です。

現金化業者の換金率はホームページで確認

ホームページを見れば換金率が記載されているのが当然です。

換金率の記載がない業者のホームページは、怪しい業者と言って過言ではありません。

本来であれば、換金率については詳細な情報を記載しているほか、金額に応じてどれくらいの換金率でクレジットカードの現金化を行うのか示す必要があります。

換金率を伏せている業者というのは、予想を超える程の低い換金率で現金化する可能性があります。

本当にいい業者を選びたいと思っているなら、ホームページで換金率をチェックしたうえで、理想的な現金化のできる業者を探してください。

平均的に換金率が高く設定されている業者のほうが、安心してクレジットカードの現金化を行えます。

比較サイトで換金率をチェック

比較サイトを活用すれば、換金率はほぼすべてのクレジットカード現金化業者について調べられます。

大体の数字が記載されていますので、平均的な換金率をしっかりチェックして、一番平均的に換金率の高い業者を利用してください。

優良現金化業者を選ばなければ、得られるお金は決して大きな額ではないでしょう。

お客様ファーストの高換金率を約束してくれる業者を利用すれば、現金化に対しての不安は拭われますし、手数料で損をすることもありません。

比較サイトを利用して優良業者を何軒かピックアップしておけば、安心してクレジットカード現金化ができますよ!

  • この記事を書いた人
アバター

山本かおる

1987年東京生まれ。大学卒業後、金融畑に入るも業種の堅苦しさに慣れず3年間務めた後退社。その後サラ金や現金化業者など金融機関より少しラフな職場を選び5年ほど勤務。その経験を活かし世の中に業界の情報を周知したいと思い一念発起ライターに転身。 職業上知り得た内部情報や実務経験を基にリアルな記事を執筆している。

-クレジットカード現金化

Copyright© エンキャッシュ , 2021 All Rights Reserved.