GooglePlayギフトカード現金化

【体験談】GooglePlayカード 買取 | 高い換金率を買取サイトに直接お願いしてみました!

【テクニック】ググプレカードの換金率をアップさせる効果的な「直接交渉」をご存知ですか?

Google Play カードの換金時には交渉がおすすめ

多くの人は実施していないことですが、GooglePlayギフトコードを換金したいと思っている場合は、業者の人と直接交渉を試しに行ってみましょう。

GooglePlayギフトコードの換金時に使えるちょっとした裏ワザがあります。

それは、買取サイトの担当者と話したときに、ダメもとで換金率をもう少しだけ高めてもらえないでしょうか?と切実に相談することです。

換金額やその時の需要によりますが、1~2%位だったら案外上げてくれることがあります。

多くのお金を得られるチャンスですから、ものは試し、言うだけ言ってみましょう。

ただ、直接交渉してアップさせるには傲慢な言い方ではなく、切実に「何とか1%でも上げてもらえないでしょうか?」と越は低くしつつも、本気で伝えることです。

直接交渉は業者側が嫌がるので難しい

直接交渉によって、GooglePlayギフトコード、iTunesギフトコード、Amazonギフトコードなどの電子ギフトコードは換金率を高められます。

場合によっては、3%程度の換金率アップが期待できて、かなり大きな換金率で買い取ってくれる場合もあります。

ただ、直接交渉について、業者側が嫌がる傾向もありますので、言い方によってはあまりいい状況にはならないので交渉はほどほどにしておきましょう。

交渉を進めたいと思って、いざ実際に交渉しても「換金率アップの交渉は受け付けていません」とか、「GooglePlayギフトコードが1つしかないのに交渉しないでほしい」と言われ、まったく相手にしてもらえない場合もあります。

直接交渉は、とにかく相手に譲歩を行ってもらう方法ですので絶対できるとは思わずダメ元でやってみるくらいの気持ちを持っているといいでしょう。

実際、交渉による換金率アップを実現するにはある程度多い数のGooglePlayギフトコードを持ち込まないと、換金率アップは期待できないでしょう。

それでは、交渉による換金率アップが期待できる、換金額とは幾らくらいなのでしょうか?

3万円以上のGooglePlayギフトコードを提供しよう

GooglePlayギフトコードの金額は、3万円を超えると直接交渉で少しだけ換金率アップが期待できます。

かなり多くのGooglePlayギフトコードを持ち込んでいる人は、業者でもなかなか珍しいと判断しています。

多くのGooglePlayギフトコードを持ってきてくれる人には、少しだけ妥協しようかと考えてくれます。

最大で3%程度、多くの場合は1%か2%の換金率アップが可能です。

1万円程度では、業者はこれくらいなら普通と判断して、あまり換金率を高めようと考えていません。

一方で、3万円以上のGooglePlayギフトコードを持ってくると、こんなに持ってくるユーザーはまれだと思って、なるべく買取をしたいと考えます。

買取意欲を持たせるような金額を提供したほうが、GooglePlayギフトコード換金は大きなメリットを持ちます。

関連記事⇒Googleplayギフトカードを現金化|換金率92%を実現する方法を公開! グーグルプレイギフトカードを換金する!

直接交渉が無理なら潔く諦めよう

直接交渉を行っても、換金率を高められないなら、提示されている買取価格で引き取ってもらいましょう。

換金率アップの交渉はダメでもともとなので諦めも肝心です。

あまりしつこく直接交渉を続けると、業者側は不信感を覚えるので、決していい結果を生まなくなってしまいます。

GooglePlayギフトコードの額面だけでなく、交渉でも1%でもいいから換金率が高くなればいいという気持ちを持って、無理な交渉をしないように気を付けましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

山本かおる

1987年東京生まれ。大学卒業後、金融畑に入るも業種の堅苦しさに慣れず3年間務めた後退社。その後サラ金や現金化業者など金融機関より少しラフな職場を選び5年ほど勤務。その経験を活かし世の中に業界の情報を周知したいと思い一念発起ライターに転身。 職業上知り得た内部情報や実務経験を基にリアルな記事を執筆している。

-GooglePlayギフトカード現金化

Copyright© エンキャッシュ , 2021 All Rights Reserved.