iTunesギフトカード現金化

iTunesギフトカードは自分にも相手にも渡せるギフト券

iTunesギフトカード現金化

iTunesギフトカードがプレゼントにも人気の理由

今回はiTunesカードの魅力に迫りたいと思います。

自分のためにiTunesギフトカードを購入している方はとても多いと思いますが、プレゼントのためにiTunesギフトカードを購入しようと思っている方はそれほど多くないかもしれません。

ほんとの方々は、譲渡が目的ではなく、個人的に利用したいと考えてiTunesギフトカードを購入しています。

実は、プレゼント形式で販売されているギフトコードの形式ではなく、自分で利用できるチャージタイプとして販売されているiTunesギフトカードであれば、とても簡単な方法で手続きを行い、決済からチャージまでが短時間で行えるのです。

自分以外の人にiTunesギフトカードを渡す場合

自分以外の人に利用してもらう場合、iTunesギフトカードの現物を渡す、もしくは記されているコードを送信する方法で提供できます。

キャリア決済の場合は、タップした時点でチャージされる可能性がありますので、コードをチャージされないようにしっかりと気を付けて、相手の方にコードを提供しましょう。

コードを間違えて教えてしまうと、チャージが行われないトラブルが発生しますので、自分以外の人に使ってもらう場合は、コードを間違えて教えないようにしてください。

自分でiTunesギフトカードを利用する方法

多くのiTunesギフトカードは、16桁のコードが記載されています。

このコードを確認して、文字と数字を打ち込んでいくことで、iTunesギフトカードがチャージされます。

コードはスマホで入力する場合は非常に面倒ですが、パソコンのiTunesを利用している方は、コピー&ペーストの方法で簡単に入力できますので、パソコンを持っている方は短時間でコードを使えます。

また、携帯キャリア決済で販売されているiTunesギフトカードの場合、購入後にギフトコードをタップしているだけで、そのままチャージされるシステムもあります。

タップだけでコードの入力が簡単に終わるのはいいことですし、自分が使うためにコードを購入したのであれば、タップだけでチャージができる方法はとてもいいものでしょう。

チャージタイプのiTunesギフトカードは自分で使う

コードが送信される方法以外でiTunesギフトカードを購入した場合、自分以外の人にコードを送信できませんので、自分のアカウントでiTunesギフトカードを使います。チャージタイプと呼ばれるギフトコードを購入している方は、他人に渡すことはできないのです。

amazonギフト券と同じように、チャージタイプのiTunesギフトカードも販売されていますので、自分以外の人に渡したい方は購入を避けたほうがいいでしょう。

iTunesギフトカードは自分にも相手にも渡せるギフト券 まとめ

今回はiTunesカードについてご紹介しました。

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
アバター

山本かおる

1987年東京生まれ。大学卒業後、金融畑に入るも業種の堅苦しさに慣れず3年間務めた後退社。その後サラ金や現金化業者など金融機関より少しラフな職場を選び5年ほど勤務。その経験を活かし世の中に業界の情報を周知したいと思い一念発起ライターに転身。 職業上知り得た内部情報や実務経験を基にリアルな記事を執筆している。

-iTunesギフトカード現金化

Copyright© エンキャッシュ , 2021 All Rights Reserved.