Amazonギフト券現金化 クレジットカード現金化 クレジットカード現金化のあれこれ

3分でわかる!-Amazonギフト券現金化はクレカとダブルで現即日金化・高価買取・年中無休24時間換金可能

更新日:

3分でわかる!-Amazonギフト券現金化はクレカとダブルで現即日金化・高価買取・年中無休24時間換金可能

この記事は約 5 分で読むことができます。

Amazonギフト券でクレジットカード現金化

Amazonギフト券はクレジットカードショツピング枠現金化の方法として、多くの業者が買取してる電子ギフト券の1つです。

その理由は、物品の換金よりも利益率が高く、手間もかからないうえに、匿名性も高い点にあります。

ブランド品や家電商品は高額な商品ですが、クレジットカードで購入して転売すると、新品であっても新古品または中古品扱いとなり、商品価値が下がってしまいます。

そのため、高換金率をうたっている業者にとっては、価値の変動しやすいブランド品や家電商品を買い取るよりも、現金と同等の価値のある電子ギフト券を買い取るほうが、安定した利益を得られるのです。

Amazonギフト券を現金化できる買取サイト!お勧めできる買取サイトとは

買取業者はAmazonギフト券の特性を非常によく理解しています

実は、現金化業者がAmazonギフト券を換金対象にするのは、転売価格が安定して利益が出しやすいというだけではありません。

もう一つの理由として、電子ギフト券はクレジットカード決済が可能である、という点があります。

Amazonギフト券以外にも、JCBやVISAのギフト券はクレジットカード決済が可能であり、換金業者がよく買取を行っています。

しかし、JCBやVISAのギフト券は店頭での利用が基本です。換金目的で転売しようとしても、購入時の金額よりも下がるケースがほとんどです

さらに転売する時には、転売する人の身分証の提示が必要となります。

そうすると、店頭販売した人間から買った商品を現金化をした、という事実が明るみに出る可能性が出てきます。

そもそも、クレジットカードのショッピング枠を使った換金行為は、クレジットカード会社の規約に違反した行為になります。

業者にとっては、あまり目立つような行為はしたくないというのが本音ですから、どういった方法であれば安全に営業できるかが大事になってきます。

一般的な話になりますが、クレジットカードショッピング枠の換金業者にとって、現物がある商品の受け取りをする際、送料負担をしてしまうと、当然ですが現金化業者の利益は少なくなります。

また、高額商品を発送・受取する際は、破損する可能性があるという理由から、住所確認や受取者の確認があります。

また、ギフト券など現金と同じ価値を持つものを、メール便やダイレクトメールで送付指示した場合、郵便局が配達してくれない可能性もあります。

しかし、Amazonギフト券を買取する場合は、電子メールや電子媒体、そして指定のアカウントにダイレクトでチャージできるため、無駄な経費を抑えることができます。

電子ギフト券の売買は、利用者にとってもメリットがいっぱいです。

インターネットで簡単に購入できるという点や、面倒な手間が省けてスピーディーに現金化できるといった大きなメリットがあるのです。

おすすめアマゾンギフト券買取サイト

  • ギフト券を売るなら高く売りたいと思っている方
  • はじめての利用で失敗したくない方
  • 急いでお金にしたい方

にとっておすすめの買取サイトをご紹介します。

記者自身が実際に利用した結果に基づいているので安心して利用頂けます。

ギフトグレース

amazonギフト券 買取り業者のギフトグレース

ギフトグレースの買取情報

運営株式会社ノア商社
買取率90%~94%

振込時間5分~15分

振込手数料0円~216円

営業時間24時間営業(日曜定休:月曜は8時~)

利用換金額587円~1000万円

ギフトグレースは、どんな時でも対応できる24時間営業ですので、急にお金が必要になっても安心です!

換金手続きもとても早く最短5分で入金が確認できます。

換金率は業界トップの90%~94%を実現します。

Amazonギフト券を換金する際最もおススメする超優良店です


買取ボブ

amazonギフト券 を買い取る買取サイトの買取ボブ

買取ボブの買取情報

運営お魚通販.com株式会社
換金率88%~93%(初回90%以上保証)
振込みスピード60分
振込手数料0円
営業時間365日24時間営業
利用換金額3000円~999万円
24時間対応銀行ほぼすべての金融機関

買取ボブは、GooglePlayギフトカード、アマゾンギフト券、各種チケット買い取りを行っている、今もっとも注目すべきアマゾンギフト券買取サイトです。

1年中、年中無休の24時間営業なので時間を気にせず利用可能!即日換金はもちろんのこと、初回90%以上で買取を行っています。


金券買取EX

amazonギフト券 を初回92%の買取率で買い取る買取サイトの金券買取EX

金券買取EXの買取情報

運営株式会社金券買取EX
買取率89.5%~93%
振込時間20分~150分
振込手数料総額1万円以上の利用は0円
総額9999円以下は216円
営業時間9時~22時
利用換金額1000円~500万円

金券買取EXはその名の通り金券を買取るサイトです。

GooglePlayギフトカード 、iTunesギフトカード 、amazonギフト券の買取以外にも、VISAギフト、JCBギフト券、全国百貨店共通商品券、株主優待券など、多くの種類の金券を買取っているのでもしお手持ちに他の金券類があったら一緒に売却するのも一つの手です。


買取本舗

amazonギフトカード 買取サイトを運営する買取本舗

買取本舗の買取情報

運営Gift honpo inc.
買取率83%~91%
振込時間20分
振込手数料0円
営業時間365日24時間営業
利用換金額500円~1000万円

買取本舗はamazonギフト券、iTunesカード、Googlplayカードの買取を高い買取率で行っています。


amazon ギフト券 現金化|9つの換金方法を解説します!
amazonギフト券 買取 | 換金率90%以上を実現する アマゾンギフト買取サイト ランキングを発表

Amazonギフト券が現金化に向いている理由

Amazonギフト券のタイプにはいくつかの種類があります。

現物があるギフト券だけでなく、Eメールタイプ、指定のアカウントに直接入金が可能なチャージタイプ、PDFデータを印刷する印刷タイプなどがあります。

繰り返しになりますが、Amazonギフト券は金券と同じ扱いになります。

高額な商品をギフト券を利用して、Amazonプライム価格で購入できます。つまりギフト券を使えば収益を高くする事が可能なのです。

また、買取価格の高い業者が見つかれば、転売することで流通価格と同等の利益を実現することができる可能性もあります。

しかし、実際のところは、Amazonギフト券を安く購入してインターネットで転売する方が、薄利多売で安定収益を得ることができます。

そのため、インターネット上のAmazonギフト券買取業者にとっては、利益は少ないかもしれませんが、非常に安定した買取価格と売買価格を維持できる商品となります。

Amazonギフト券の買取は古物営業法による許可が必要?

ギフト券や金券を売却する際は、基本的には古物商の許可を受けた業者に依頼した方が良いでしょう。

ギフト券や金券を売却する際は、『不正取得されたもの』や『盗品やでない』ことが条件となっています。

買取や販売を行う側は、盗難商品などの正規ルートでないものを市場に流通させてはいけないからです。

そのため、初回取引の際には、身分証明証の提出や連絡先などの記載をする必要があります。

Amazonギフト券についてはどうかというと、他のギフト券や金券に比べると、法律の部分で曖昧な部分があります。

実際、ギフト券の現金化についてはクレジットカード現金化業者に依頼しなくても、ご自身で行うことが可能です。

クレジットカードでカードタイプのAmazonギフト券を購入し、金券ショップやインターネット上のオークションサイトなどを利用して換金することが可能です。

これならば、自分自身で条件の良いギフト券買取専門店をを探して買取依頼をしたり、ご自身で販売金額を設定してオークションに出品することで現金化ができますよね。

一方、インターネット上で高換金率を宣伝しているクレジットカード現金化業者へ依頼する場合は

カードタイプや電子マネータイプが適しています。

換金率については、どちらも低くなることを頭に入れておいてください。

買い取る側も安く買取って高く売ることで利益を出します。しかし新品の価格よりも高く設定しても、売れるはずはないので定価よりも安く販売しています。

10000円分のAmazonギフト券を8800円で買い取りし、9800円で販売すれば1000円の利益です。

利益としては薄いですが、多くの買取・販売を行うことで一定の収益は確保出来ます。

また、金券の場合は現金と同じ価値で流通していることから、現物のある商品とは違い、価格が一定といったメリットがあります。

さて、Amazonギフト券は複雑と話しましたが、それは電子マネーの特性が関係しています。

Amazonギフト券は『ギフト券』

電子ギフト券は実体のないものであり、現在の古物営業法では扱いが難しいのが現状です。

Amazonギフト券は、立て替え購入や贈り物といった幅広い範囲で購入する利用者がいるため、古物営業法が及ばない範囲になってしまうからです。

これが、Amazonギフト券の現金化がグレーと言われる原因となっているようです。

Amazonギフト券の現金化はグレーゾーンだけど、別の法律が適用されることもあります。

Amazonギフト券の換金は、電子媒体を使っているため、古物商の法律の範囲が適用されません。

しかし古物商の営業法は、あくまで実際の商品を売買する事業を運営する会社に必要な認可を与えるものです。

何億点もの商品の中から選んで商品を買う事が出来るAmazonのプラットフォームですが、ギフトカードを使った換金は、貸金業法に該当してしまう可能性があり、貸金業法の適用が考えられます。

実際、古物営業許可を受けていた会社がクレジットカードショッピング枠の現金化を行って摘発されたケースがあったそうです。

この件で警視庁は、『やっている行為は事実上の貸金業者と同じである』といった見解を発表している他、弁護士の見解も同様のものでした。

現在のところAmazonギフト券はグレーゾーンとなっていますが、別の法律が適用されれば今後、違法行為として法律ができてしまう可能性もゼロではありません。

悪質な業者による、振込額を減らす、実際の金額を支払わない、といった場合に適用されるのは詐欺罪や横領罪になるでしょう。

要するに、クレカのショッピング枠を使ってAmazonギフト券を購入した後、転売して買取が行われれば、お金を搾取したも同然といったことになります。

また、場合によっては転売をした時に生じる差額で、実質的にはクレジットカード会社へ損害を与えてしまうことになってしまいます。

具体的にお話しすると10,000円分の値段がついているものを9,000円で販売した時点で1,000円の損害ということになります。

このような行為を行って、資産を不当に販売したとして損害賠償請求をクレジットカード会社から受ける可能性もあります。

では、自分自身の判断で金券ショップやチケットショップに販売した場合はどのような罪になるでしょうか?

当事者本人は、詐欺罪や横領罪で検挙されてしまいます。

買取を行ったショップについては古物営業法違反となってしまい、家宅捜査を受けたり営業停止を受けてしまう、といったことが起こり得ます。

これは不正取得品を市場に流通させてしまうといった行為に該当することになりますから、罰則が科せられます。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者も同じように、窃盗罪や横領罪が適用される可能性があるだけではなく、主犯格として重大な罰則を受けてしまう可能性があります。

つまり、Amazonギフト券を購入して、転売した方、は実行犯という扱いとなり、現金化業者は主犯という扱いになるというわけです。

最後に

Amazonギフト券などの電子ギフト券を利用したクレジットカードショッピング枠の現金化業者については、細心の注意を払って接する必要があります。

今現在では、古物営業法が適用されない範囲で営業活動を行っていますが、実質的には犯罪とよばれてしまう行為をしていることや、自分自身が違反行為を行為を行っているという自覚を持ったほうがいいでしょう。

Amazonギフト券は非常に便利なアイテムですが…

Amazonギフト券はたくさんの商品をネット上で買う事が出来るため、プレゼントやお祝いでの贈り物としてぴったりのギフト券です。

しかし電子ギフトカードを換金する行為は、多くの利用者に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

現金化を検討している方の中には、既に債務超過に陥っていたりする方もいらっしゃいます。何社からも借入を行っている方は、債務整理などを検討する事も一度お試し下さい。

ですが…自己破産などを考えた場合、免責不可事由に該当するかもしれない行為となるため、出来る事なら現金化に手を出さないようにした方が良いかもしれません。

amazonギフト券の換金するときは詐欺まがいの行為に注意

クレジットカードショッピング枠の現金化業者が、Amazonギフト券の換金を可能としているのですが、買取業者になりすました悪徳業者も存在していますから、アマゾンギフト券の換金をする場合は慎重に業者選びをする事が重要になります。

非常によくある悪質行為の手口は、クレジットカードの情報だけを聞き取り取るという行為です。

amazonギフト券の換金の際には、クレジットカードを利用してアマゾンギフトカードを買った後、業者に買い取ってもらうという流れですから、現金化業者がクレジットカードの情報を利用者から聞く必要はありません。

クレジットカード情報をもし聞かれるような事があれば、なにか悪質な行為をされる可能性があると疑っていいでしょう。

このような悪質行為を行う買取専門サイトの特徴ですが、HPに所在地の住所や企業の電話番号がのっていない事が多いです。

買取サイトを利用する際には公式ホームページをしっかりチェックしましょう。

また、会社の電話番号が携帯電話の番号の場合は安全な業者ではないと理解して、十分に気をつけましょう。

そして、古物商の登録番号がない業者にも気をつけて下さい。ただ、古物商の許可がない=全てが悪徳サイトというわけではありません。

アマゾンギフト券を換金する業者を探している場合は、現金化業者のホームページを隅々までくまなくチェックし、信頼出来る業者であるか慎重に判断してください。

amazonギフト券の換金について

amazonギフト券を換金する会社は年々増加の傾向にあります。

Amazonギフト券の買取

金券などのチケット買取業者ではなく、クレジットカードショッピング枠現金化の業者がamazonギフト券の換金取引をしています。

Amazonギフト券は電子取引が可能ですから、現物の商品を取引をしなくても、受け取ったコード番号を伝えれば換金可能です。

換金はもとても簡単ですし、換金率が高という点で非常に人気があります。

amazonギフト券の換金にまつわる問題は色々あります。

そのため、ご自身でも現金化について調査いたうえで、利用するか否かを決める必要性があります。

Amazonギフトカードの換金は違法?

近年では、アマゾンギフト券を取引して換金するという手法で、現金を調達をする方が増加する一方ですが、これは法律違反ではないのか?!という疑問をお持ちの方も多くいらっしゃいます。

なぜなら、クレジットカードのショッピング枠を利用して換金をするという手法だからです。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は法律違反ではありませんが、クレジットカード会社規約に違反するとクレジットカードの使用が停止されてしまうという危険を抱える事になりますから、グレーゾーンとされています。

  1. クレカでアマゾンギフトカードを利用して購入
  2. そのAmazonギフト券を買い取ってくれる業者に申込みをして現金を振込してもらう

上記の一連の流れが一般的ですが、現金化を目的としたクレジットカードの利用と認識されなければクレジットカード利用停止になる事はないでしょう。

利用規約をしつかりと守ってさえいれば、クレジットカード利用停止にはなりません。

アマゾンギフト券を換金目的で購入したかどうかということを、クレジットカード会社は突き止めるすることはできませんので、現金化に向いているアイテムとして注目されているのです。

クレジットカードを利用してアマゾンギフトカードを買った後に転売をしても法律違法ではありませんが、クレジットカードの利用規約については注意する必要性があるということはしっかり覚えておく必要がありますね!

  • この記事を書いた人

山本かおる

1987年 東京生まれ 大学卒業後、金融畑に入るも業種の堅苦しさに慣れず3年後に退社しサラ金や現金化業者など金融機関より少しラフな職場を選ぶ。 その後5年ほど勤めた、一念発起ライターに転身。 知る人ぞ知るものであったが今ではポピュラー化する、ギフト券の換金やカードや現金化について、職業上知り得た内部情報や経験を基にリアルな記事を執筆している。

-Amazonギフト券現金化, クレジットカード現金化, クレジットカード現金化のあれこれ

Copyright© エンキャッシュ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.